Life Languages™

「Life Languages™(ライフランゲージーズ)」は、世界で唯一のコミュニケーションに特化したアセスメント診断ツールです。

Life Languages™では「この世界には、7つの言語しか存在しない」として、コミュニケーションを7つの言語[ Mover – 革新者・Doer – 実行者・Influencer – 社交家・Responder – 共創者・Shaper – 戦略家・Producer – 管理者・Contemplater – 哲学者 ]に分類しました。この診断を受けることで、その言語の傾向やニーズ、コミュニケーションにおいて何を求めているか、そして、何に情熱を感じ、どのような強みを持っているのかなどが分かります。

Life Languages™はアメリカで1985年に開発され、これまでに世界185ヵ国で22.5万人以上が診断を受けており、企業や個人、家族やチーム、国の機関等、様々なコミュニケーションの領域で活用されています。

当社では、Life Languages™を用いたコーチングセッション、また、企業研修やエグゼクティブコーチングなど、様々なコミュニケーション改善や円滑化に向けた事業を行っています。

 

個人向け事業

Life languages™ 「コミュニケーションコーチング」

コミュニケーションに特化したアセスメント診断を用いたコーチングで、自己理解と他者理解を深め、人間関係の円滑化へと導きます。身近な人との関係性の質は、人生の最も大きなテーマの1つです。当コーチングは、個人やグループ、ご夫婦やご家族で受けることができ、大切な人との関係性を高めることを目的とします。相手が何を考え、どのように伝えてもらうことを求めているのか、どのような対話でより良い関係を築くことができるのかを明確化し、一度きりの問題解決ではなく、長く続く関係性の土台を築きます。

 

企業向け事業

次世代リーダーを育てる「リーダーシップ研修」

人のコミュニケーションパターンを7つに分類したLife Languages™の習得を支援し、全ての人と共創的な関係性を築く力を身につけます。経営学者でマネジメントの発明者であるピーター・ドラッカーは「マネジメントの問題の80%以上は、誤ったコミュニケーションによるものである」と自著で述べています。研修では、自己理解と他者理解やLife Languages™の習得、ストレスマネジメントや自己の特性の活かし方など、コミュニケーションに関わる様々な領域を深めていきます。ポジティブな関係性を築く力は、長期的な成果を生み出す土台となります。

心理的安全性を高め生産性をアップする「チームビルディング研修」

Life Languages™を用いてチームのコミュニケーション傾向を「見える化」し、成長を促す対話を導くことで、チームの可能性を最大限に発揮するためのワークを行います。チームの力を最大限に発揮するには、傾聴や想いに寄り添う関わり方だけでなく「個々のニーズや思考パターンに合わせたコミュニケーション」が必要です。当研修では、Life Languages™の診断を元に、チームでの対話を導き、チームとして進化していくプロセスを支援します。個々のアセスメント結果と共に、チーム全体のアセスメント結果を用いて、チームのコミュニケーション傾向や、ストレス反応の傾向、情熱や強みの特性など、自己理解と他者理解だけでなく、チームとしての理解を深めていきます。

経営層の飛躍に伴走する「エグゼクティブコーチング」

企業のパフォーマンスは、それを率いるリーダーの精神的発達や意識的発達を超えることはないと言われています。当コーチングでは、Life Languages™の診断を元に、経営層の思考パターンやリーダーシップスタイル、コミュニケーション傾向を「見える化」し、目標設定や課題解決、また、精神的かつ意識的な発達を支援します。経営層の質的成長は、企業全体の成長に繋がります。

\ まずはお気軽にご相談ください! /

TOP